外壁塗装なら職人にお願いしましょう!|スムーズ塗装

塗装

時代に伴う変化について

塗装

リフォームは修繕であり維持するための補修工事を行なうことであり、リノベーションとは新機能を家に取り込む改築・増築を指す言葉なのです。また、そろそろリフォームの時期だけど、どうせ直すのなら機能を回復と言うよりも、思い切って機能アップさせてしまおう、という場合も増えています。このような家の増改築、修繕・維持、の需要は近年、高まっています。家が多く建てられた建設の時代――高度経済成長期とそのあとのバブル期の始まりは1970年代から80年代ですが、この頃建てられた多くの建物が、老朽化などの時期が来ているのです。また、家を新しく建てるよりも、今ある家に手を加えるほうが費用もかからずに済むということも理由のひとつとしてあります。

リフォームやリノベーションが盛んになった背景には、少子高齢化社会に突入し、高齢者向けの家づくりということが注目されていることも挙げられます。このような社会の変化につれて住宅のかたちは変わっていくものですが、もっと重要なこととして存在するのが、災害対策のリノベーションを充実させようという人が増えているという背景です。阪神大震災が発生してから、耐震構造への注目度が上がりました。また、その後も地震などの災害が起きたり、耐震偽装の問題が話題を呼んだこともありました。このようなことを背景に、リフォーム、リノベーションの需要は高まっているのです。