外壁塗装なら職人にお願いしましょう!|スムーズ塗装

塗装

劣化に対策すること

作業員

リフォーム、あるいはリノベーションの種類として、今回とくに取り上げようというのは、外壁塗装についてです。外壁塗装という言葉自体の意味としては、ザックリ書くと壁に色を塗るということになりますが、家の外壁に塗料を使って色を塗るということには、さまざまな理由があるのです。そもそも、家の外壁に塗装を施すということにはどんな意味があるのでしょうか。と書くと、「えっ? 家の外見をキレイに見せるためのものじゃないの?」ということを言う人がいるかもしれません。そして、それは正しい認識です。家の外壁を塗装するということの大きな目的のひとつには、家を美しく見せるという、デザインとしてのものも、もちろんあるのです。
しかし、家の外壁を塗装するということには、別の意味もあります。それは、実際的な機能としての塗装です。家の外壁の塗装には、家を美しく見せるということのほかに、家を守っている部分としての機能を助ける役割があるのです。というのも、家の外壁というものは建てられたときからずっと、家の中に起居する人々を雨風から、風雪から、太陽光から、そのほかあらゆる刺激から守る働きを持っています。雨雪や太陽光といったものから与えられる刺激には、僕たちが大量に浴びるときにはあまり良くない影響をあたえるものもあります。たとえば雨の酸度は時を経るごとに強くなっているし、太陽光が紫外線を含みます。それらの有害物質を受けつづけることで、家の外壁は劣化していくのです。